紫外可視ケミステーション用 生化学ソフトウェア

アジレント ケミステーション紫外可視分光光度計用生化学ソフトウェアは、アジレント ケミステーション紫外可視分光光度計用汎用ソフトウェアに、シングルセル・キネティックス機能、マルチセル・キネティックス機能、DNA融解などの熱変性機能を追加したものです。生化学ソフトウェアは、アジレントのマルチセル・トランスポート用アクセサリとシームレスに接続し、最適な分析結果を実現します。
特長:
  • 単一のセルにおいて、最大6波長でタイムトレースを測定
  • 最大7つのセルで並行してタイムトレースを測定(マルチセル・オプション)
  • バックグラウンド吸光度を補正
  • 反応速度を算出
  • 単純な数学的タイムトレース処理を実行
画像をクリックすると拡大します。
アジレント ペルチエ温度調節ホルダを用いた熱変性分析
特長:
  • ユーザーによる定義が可能なランプを用いた温度トレース測定(複数のアップスロープおよびダウンスロープ)
  • 一次導関数または平均吸光度手法により、遷移温度(Tm)を測定
  • Tmに基づく方程式により結果を算出し(グアニン・シトシン%など)、熱膨張や溶液のモル濃度を補正
画像をクリックすると拡大します。

その他の紫外可視ケミステーション ソフトウェアパッケージ:


紫外可視ケミステーション ソフトウェアの概要へ戻る。