紫外可視ケミステーション用 汎用ソフトウェア

アジレント ケミステーション紫外可視分光光度計用汎用ソフトウェアは、機器コントロール、データ採取、標準的なデータ評価といった機能を備えたコアソフトウェアで、安全性試験基準に準じたAgilent 8453 分光光度計の診断および検証が可能です。ルーチン分析での使いやすさを重視しており、それほど頻繁ではないユーザーでも扱いやすいように設計されています。
特長:
最大6波長の吸光度を同時に測定
画像をクリックすると拡大します。
スペクトルを測定し、ピークと谷を自動的に検出
画像をクリックすると拡大します。
ユーザーによる定義が可能な方程式を使って、最大6つの波長、重量、容量(たとえば、2つの波長における比率など)によりデータを評価
画像をクリックすると拡大します。
単一成分の定量、標準物質や対照、サンプルの自動測定が可能
画像をクリックすると拡大します。

その他の紫外可視ケミステーション ソフトウェアパッケージ:


紫外可視ケミステーション ソフトウェアの概要へ戻る。