LC/MSによるカテキン類の分析(2)

LC/MSによるカテキン類の分析(2)

Pub.No. TI 16B2G1-084

【要旨】

従来、カテキン類の分析法としてはHPLC 法が広く使用されていますが、UV 検出器では定性能力や感度の面で不十分です。そこで今回はESI 法を用いたAgilent 1100 LC/MSD による検討を行いました。

分野 食品
キーワード LC/MS、カテキン、TI 16B2G1-084 
掲載年月 2001/11
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 35kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。