ビスフェノールAの分析

ビスフェノールAの分析

Pub.No. TI 16B2G1-075

【要旨】

ビスフェノールA(以下、BPA)は、主にポリカーボネート樹脂、エポキシ樹脂の原料に使用されるほか、フェノール樹脂、可塑性ポリエステル、ポリアクリレート等の樹脂原料、ポリ塩化ビニルの安定剤、酸化防止剤としても広く利用されています。BPA に関してはエストロジェン作用を有することが明らかにされており、内分泌撹乱化学物質のうちの1 つとして最近注目されています。

分野 環境
キーワード ビスフェノールA、内分泌撹乱化学物質、LC/MS、TI 16B2G1-075 
掲載年月 2001/11
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 26kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ウーロン茶中のビスフェノールA(BPA)のSIMクロマトグラム