マクロライド系抗生物質の分析

マクロライド系抗生物質の分析

Pub.No. TI 16B2G1-061

【要旨】

以前発行された LC/MS アプリケーションニュースで、動物用医薬品として使用されている β-ラクタム系、テトラサイクリン系、更にはポリエーテル系抗生物質の LC/MS による分析法を紹介してきました。これらの他にマクロライド系抗生物質もマイコプラズマやグラム陽性菌に強い抗菌力を示すため、肉牛、肉豚、養魚等に広く使用されています。今回はマクロライド系抗生物質の中で使用頻度の高いスピラマイシン、オレアンドマイシンについて、LC/MSによる分析法の検討を行いました。

分野 食品
キーワード マクロライド、抗生物質、TI 16B2G1-061 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 52kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。