有機ヒ素化合物の分析

有機ヒ素化合物の分析

Pub.No. TI 16B2G1-052

【要旨】

無機ヒ素化合物はヒトに対する発癌性物質であることが以前より知られています。ほとんどの哺乳動物は、有毒な無機ヒ素化合物を生体内でメチル化し、毒性の低いモノメチルアルソン酸(MMAA)やジメチルアルシン酸(DMAA)へと代謝することがわかっています。これらヒ素化合物はその毒性が形態により大きく異なることから、形態別に定量することの重要性が増大し、種々の形態別定量法が開発され利用されています。

分野 環境製薬/バイオ医薬品
キーワード 有機ヒ素化合物、ヒ素、エレクトロスプレー法、LC/MS、TI 16B2G1-052 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 57kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ヒ素化合物(100μg/ml)のTICとマスクロマトグラム