船舶、漁網用殺菌剤の分析

船舶、漁網用殺菌剤の分析

Pub.No. TI 16B2G1-038

【要旨】

有機スズ化合物は船舶に塗料や魚網などへの藻類付着防止剤として従来から多く使用されていますが、それによる環境汚染た海洋生物の汚染が社会問題となっています。近年では、代替品として他の殺菌剤の使用が増加傾向にあります。その中でビス(2-チオリジノナト)銅(II)は従来から広く使用されているジンクチリチオンの亜鉛が銅に置き換わった化合物で、この化合物の分析にはHPLCによる方法が使用されていますが、選択性や感度に欠けるため、より高感度、高選択的分析法の開発が必要です。ここではエレクトロスプレー法を使用したLC/MSでの分析法について紹介します。

分野 環境
キーワード 船舶、魚網用の殺菌剤、有機スズ化合物、エレクトロスプレー法、LC/MS、TI 16B2G1-038 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 69kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Copper omadine powder(1μg / ml)のTICとマススペクトル