非イオン性界面活性剤の分析(1)

非イオン性界面活性剤の分析(1)

Pub.No. TI 16B2G1-036

【要旨】

界面活性剤はアニオン、カチオン、ノニオンに大別され、それぞれ用途が異なっています。特にLASに代表されるアニオン界面活性剤は広く使用されており、環境への影響が懸念されることから、河川水などの環境水中の分析が行われています。一方、非イオン系界面活性剤は近年使用が急速に増加しており、環境汚染が社会問題になりつつあります。

分野 環境
キーワード 界面活性剤、エレクトロスプレー法、LC/MS、TI 16B2G1-036 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 95kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ヘプタエチレングリコールモノドデシルエーテル
(0.2μg / ml)のTICとマススペクトル