脂溶性ビタミン類の分析

脂溶性ビタミン類の分析

Pub.No. TI 16B2G1-035

【要旨】

ビタミン類は食品の成分分析で不可欠な化合物で、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに大別されます。通常、脂溶性ビタミンの分析にはHPLC法が使用されていますが、脂溶性が高いため移動相には100%有機溶媒系で分析するのが一般的です。そこで、大気圧化学イオン化(APCI)法を使用したLC/MSで4種類の脂溶性ビタミン類について検討を行いました。

分野 食品
キーワード 脂溶性、ビタミン、TI 16B2G1-035 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 81kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。