カテキン類の分析

カテキン類の分析

Pub.No. TI 16B2G1-020

【要旨】

力テキン類とは分子内にフェノール性水酸基を多く持った物質の総称でカテキン(C)、エピカテキン(EC)、エピガロカテキン(EGC)、エピカテキンガレート(ECG)、エピガロカテキンガレート(EGCG)などが知られています。カテキン類は緑茶に多く含まれ、血圧やコレステロール上昇抑制作用が確認されています。さらに最近では緑茶に抗ガン作用があることが報告され、カテキン類との関係が研究されています。今回は APCI を使用した LC/MSD による検討を行いました。

分野 食品
キーワード カテキン、緑茶、TI 16B2G1-020 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 85kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。