アナボリックステロイドの分析(1)

アナボリックステロイドの分析(1)

Pub.No. TI 16B2G1-016

【要旨】

ヒト血清中には遊離型ステロイドとともに、硫酸またはグルクロン酸抱合型のステロイドも存在します。特に、デヒドロアンドロステロンスルフェートはヒト副腎網状帯由来の副腎アンドロゲン中の主要ステロイドの一つで、血中での半減期が長いことから、副腎皮質機能を判断する指標として有用視されています。従来、これらステロイドスルフェートの分析はGC/MSやHPLC等で測定されていますが、GC/MS法は高感度、高選択的である反面、試料から抽出する際に遊離型からの分画、抱合体の加水分解、さらには複雑な誘導体化が必要です。 ここではエレクトロスプレー法を使用したLC/MSで検討を行いました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード アナボリックステロイド、ヒト血清、エレクトロスプレー法、LC/MS、TI 16B2G1-016 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 80kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

アナボリックステロイド スルフェートのSIMクロマトグラム (100pg each)