ウランマトリックス中のテクネチイウムの分析

ウランマトリックス中のテクネチイウムの分析

Pub.No. TI 15F1D1-013

【要旨】

原子力分野では、ウラン(U)が核燃料として用いられています。
ウラン鉱石から最終的な核燃料になる過程では、多くの中間化合物が生成されます。通常Uの形態は、ウラン金属、ガス状のUF6から、UF4、U3O8、UO2などの粉末を介し、最終的なペレット上のUO2となります。これら中間生成物中の不純物レベルは、ウラン供給元、燃料製造者、エンドユーザの間で明確化され、厳密に管理されています。場合によっては、中間生成物や最終製品中の、50元素以上の不純物レベルの保証が求められる場合もあります。不純物は、燃料の効率を含む物性や、職場での人体の健康や安全に影響を及ぼすため、その分析が必要となります。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)
キーワード ウラン、U、核燃料、不純物、TI 15F1D1-013 
掲載年月 2000/12
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 269kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
ICP-MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

3ng/L(ppt)99Tcのスペクトル