Agilent InfinityLab Poroshell 120HILIC-Z カラムによる糖の分析

Agilent InfinityLab Poroshell 120HILIC-Z カラムによる糖の分析

Pub.No. 5991-8984JAJP

【要旨】

Agilent InfinityLab Poroshell 120 HILIC-Z カラムを用いて、グラジエントとイソクラティック溶出における 11 種類の糖化合物を分離しました。pH および温度がグルコースのアノマー分離に与える影響について調べました。高 pH と低温を組み合わせることが、ピーク形状とカラム寿命の両方に対する最適なソリューションであるという結果が得られました。最終の分離では、水酸化アンモニウム移動相を 35 ° C で使用しました。

分野 食品環境エネルギー&石油
キーワード InfinityLab Poroshell 120 HILIC-z、 HILIC、 hydrophilic interaction liquid chromatography、 superficially porous particles、 sugars 
掲載年月 2018/05
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 1.19MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)