Agilent Fish ID ソリューションによる様々な肉種の特定

Agilent 2100 バイオアナライザでの Agilent Fish ID ソリューションによる様々な肉種の特定

Pub.No. 5990-8452JAJP

【要旨】

食品加工工場では様々な動物由来の原材料が使用されており、これらの原材料が同じ生産ラインで使用されることがあります。Agilent Fish ID ソリューションは、様々な加工レベルの食品サンプルから魚種を特定するために開発されました。このアプリケーションノートでは、Agilent Fish ID ソリューションを用いて、魚以外の生物種、哺乳類および鳥類由来の DNA が乳製品や肉から検出可能かを検証しました。

分野 食品
キーワード Agilent Fish ID、 食品加工、 バイオアナライザ 
掲載年月 2011/10
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 271kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 2100 バイオアナライザ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Agilent 2100 バイオアナライザでの制限酵素処理断片の
分析。