Agilent 1120 Compact LCによるトラマドール品質管理におけるインジェクタ直線性試験

Agilent 1120 Compact LCによるトラマドール品質管理におけるインジェクタ直線性試験

Pub.No. 5989-8335JAJP

【要旨】

Agilent 1120 Compact LCは、標準的な分析スケールの分析に最適な、使いやすく、高性能で、信頼性の高い一体型LCシステムです。保持時間やピーク面積の精度がきわめて高く、検出器とインジェクタの直線性も優れていることから、医薬品分析に適しています。本アプリケーションノートでは、以下のことを実証します:

  • 22の直線性レベルすべてで相対標準偏差(RSD)< 0.07%を実現する優れた保持時間 精度
  • 優れた面積精度(22のレベルすべてでRSD < 0.5%)
  • 相関係数(R2)> 0.9999という優れたインジェクタ直線性
本研究は、1μL~100μLという広い範囲の注入量を扱っています。試験用の溶液には、 濃度100ng/μLのトラマドールを使用しました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード 1120、 コンパクト、 LC、 オートサンプラ、オートインジェクタ、5989-8335JAJP 
掲載年月 2008/07
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.12MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 1120 Compact LC
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

全直線性レベルのクロマトグラムの重ね表示