HPLC-ICP-MS を用いた有機と無機セレン種の測定

HPLC-ICP-MS を用いた有機と無機セレン種の測定

Pub.No. 5989-7073JAJP

【要旨】

アイソクラティック高速液体クロマトグラフ(HPLC) とコリジョン/リアクションセルを搭載した誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS) を組み合わせて、天然水サンプル中の有機および無機セレン種の同時分析手法の検討を行いました。全セレン分析とスペシエーション分析(化学形態別分析)で検出されたセレン濃度は優れた一致度を示しました。HPLC-ICP-MS の組み合わせは簡単に自動化できるため、堅牢なメソッドを環境サンプルや栄養サンプル中のセレン種の日常的なモニタリングに適用できます。

分野 環境
キーワード HPLC、ICP-MS、セレン、水質、スペシエーション、5989-7073JAJP 
掲載年月 2008/03
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 339kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
HPLC-ICP-MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

天然水「C」のクロマトグラム。副生成物の臭化水素は
セレン酸ピークの後に溶出しています