Access Agilent 2014年11月号

GC エクセレンス: Agilent J&W GC カラムで GC 作業のやり直しを回避

By Gary Lee
アジレント プロダクトマーケティングマネージャ、GC カラム

正確な結果が得られないガスクロマトグラフィ (GC) のカラムを使用すると、作業のやり直しや生産性の低下を招きます。Agilent J&W ウルトライナート GC カラムを使用した非常に活性の高いサンプルの分析方法と、最適化されたラボの分析結果を得るための適切な GC カラムの使用の重要性について説明します。

適切なアプリケーションのための適切なカラム

GC 流路が活性化合物に対して充分に不活性なものではない場合、適切なカラムが使用されていないため、分析結果は信頼性の低いものと判断されます。Agilent J&W ウルトライナート GC カラムを使用すると、テーリング係数 (Tf) 計算で検証できるより適切なピーク形状が活性化合物に対して示されます。

Agilent J&W DB-5ms ウルトライナート GC カラムは塩基化合物に対して優れたピーク形状を示します。

図 1. Agilent J&W DB-5ms ウルトライナート GC カラムは塩基化合物に対して優れたピーク形状を示します。(図を拡大)

Agilent J&W DB-5ms ウルトライナート GC カラムは塩基化合物に対して優れたピーク形状を示します。 
ピーク ID
  1. 1. トリエチルアミン
  2. 2. ピリジン
  3. 3. 4-メチルピリジン
  4. 4. N,N-ジメチルアセトアミド
  5. 5. 2,4-ジメチルアニリン
  6. 6. ジシクロヘキシルアミン

図 1. Agilent J&W DB-5ms ウルトライナート GC カラムは塩基化合物に対して優れたピーク形状を示します。

Agilent J&W DB-5ms ウルトライナート GC カラムを使用すると、活性化合物のテーリング係数はより小さい値を示します。

図 2. Agilent J&W DB-5ms ウルトライナート GC カラムを使用すると、活性化合物のテーリング係数はより小さい値を示します。(図を拡大)

v 
ピーク ID
  1. 1. トリエチルアミン
  2. 2. ピリジン
  3. 3. 4-メチルピリジン
  4. 4. N,N-ジメチルアセトアミド

図 2. Agilent J&W DB-5ms ウルトライナート GC カラムを使用すると、
活性化合物のテーリング係数はより小さい値を示します。

Agilent J&W DB-5ms ウルトライナート GC カラムはさまざまな種類の塩基性物質を高い信頼性で分離します。

図 3. Agilent J&W DB-5ms ウルトライナート GC カラムはさまざまな種類の塩基性物質を高い信頼性で分離します。(図を拡大)

Agilent J&W DB-5ms ウルトライナート GC カラムはさまざまな種類の塩基性物質を高い信頼性で分離します。

図 3. Agilent J&W DB-5ms ウルトライナート GC カラムはさまざまな種類の塩基性物質を高い信頼性で分離します。

塩基化合物についての適切なピーク形状

図 1 は、A社、B社、C社のカラムを使用した場合の顕著なピーク・テーリングを示しています。一方、 Agilent J&W DB-5ms ウルトライナート・カラム は、重要な化合物に対して優れたピーク形状を実現しています。

テーリング係数の大幅な低減

Agilent J&W DB-5ms UI GC カラムでは他のカラムに比べて、4 種類の活性塩基物質に対するテーリング係数が大幅に低減していることが分かります。さらに、他のメーカーのカラムでは、4-メチルピリジンおよび N,N-ジメチルアセトアミドを完全に分離できませんでした (図 2)。

汎用的で信頼性の高い Agilent J&W GC カラム

図 3 は、塩基性物質のさまざまなグループ、クロロフェノール類、有機リン系農薬、キシレン異性体に対して適切な分析結果を示しており、 Agilent J&W DB-5ms UI GC カラムの汎用性が示されています。

検出下限の引き下げに最適なアジレントの GC カラム

本シリーズの次の記事では、メソッドごとにカラムを交換せずに、カラムのペアを使用してハロゲン化合物を分離することにより、どのように選択性を高めることができるかを紹介します。それまで、 Agilent J&W ウルトライナート GC カラム と イナートフローパス・ソリューション を使用して、検出下限の引き下げへの高まる要求にどのように対応できるかをご確認ください。さらに、Agilent J&W GC カラムが他のメーカーに対して汎用性と不活性の点でどのように市場をリードしているかについてお確かめください 。