AdvanceBio ペプチドプラスカラム

圧倒的な信頼性をもたらすタンパク質/ペプチド分析ソリューション
ターゲットタンパク質およびペプチドの確認、
同定にアジレント品質を

新製品 AdvanceBio ペプチドプラスカラムは、一次配列の特性解析および翻訳後修飾 (PTM) の検出でさらなる信頼性を実現します。次の利点があります。

  • 高感度: 酸化や脱アミド化などの重要な修飾を同定
  • 簡単なメソッド変換: ギ酸の添加、多様な分子構造の分析に対応し、初期開発段階から QA/QC まで、優れた性能を発揮
  • 正確な定量: 移動相添加物としてギ酸のみを用いた分析においても、帯電表面のピークキャパシティが向上
  • 確かな品質: アジレントのペプチド標準混合物によるバッチテストをすべてのカラムに実施

AdvanceBio ペプチドプラスカラムは Agilent AdvanceBio カラムポートフォリオの製品であり、遺伝子組み換えタンパク質、モノクローナル抗体、抗体薬の複合体、新規生体物質、バイオ医薬品の特性解析に適しています。InfinityLab バイオイナート LC 機器および消耗品と組み合わせることで、最大限の性能を発揮します。

AdvanceBio ペプチドプラスカラム
AdvanceBio ペプチドプラスカラムは 60 日間の保証付き
詳細はこちら
新しいタンパク質およびペプチドの情報キット

一次構造のアミノ酸の修飾を迅速に分離し、同定します。
キットの内容:

カタログ:

Agilent AdvanceBio ペプチドプラスカラム: 圧倒的な信頼性をもたらすタンパク質/ペプチド分析ソリューション

アプリケーションノート:

  • Enhancing the Quality of Peptide Mapping Separation for the Analysis of PTM
  • LC/MS で再現性の高いペプチド分離を実現する Agilent?AdvanceBio ペプチドプラスカラム
  • LC/MS Analysis of Peptide Mapping with Formic Acid as an Ion Pairing Agent
  • Agilent 6545XT AdvanceBio LC/Q-TOF によるペプチドマッピングのルーチン分析
  • Agilent 6545XT AdvanceBio LC/Q-TOF によるインタクトモノクローナル抗体の精密な特性評価
  • LC/Q-TOF によるサブナノグラムレベルのインタクトモノクローナル抗体の定量
バイオ医薬品分析にアジレント品質を

バイオ医薬品分析ワークフローをかつて不可能だったレベルにまで効率化。それを実現するのが、アジレントの革新技術です。アジレントの革新的なソリューションが結果に至るあらゆるステップをサポートします。

詳細はこちら
常に信頼できる結果を得るために - バイオ医薬品分析にアジレント品質を

本資料掲載の製品はすべて研究用です。医薬品医療機器等法に基づく登録は行っておりません。