アジレントのバイオ医薬品特性解析・自動化ソリューション

バイオ医薬品特性解析の自動化・省力化

バイオ医薬品特性解析の自動化ワークフローソリューションです。

サンプル前処理を AssayMAP Bravo にて分離分析から解析、報告書作成までを WalkupBioConfirm = 統合型ワークフローで自動化できます。

以下の各アイコンにマウスを合わせると、各ソリューションをご覧いただけます。

サンプル前処理

Agilent AssayMAP Bravo プラットフォームには、自動分注機能に加え、優れた生物製剤の分析を実現するための作業の効率化に役立つ多くの機能が搭載されています。

分離分析

分子量の大きい生体分子の分析には、Agilent 1260 Infinity II バイオイナート LC システムをお選びください。メタルフリーのコンポーネントにより、表面での不要な相互作用が最小限に抑えられ、カラムの寿命が向上します。また、Buffer Advisor ソフトウェアを利用すれば、メソッド開発に伴う面倒な作業やミスを排除できます。

幅広い分析に対応可能な 2D-LC のメリットをご活用ください。Agilent 1290 Infinity II 2D-LC ソリューションなら、分離困難なサンプルでも高いピークキャパシティが得られます。

複数ベンダーの機器のコントロールには、Agilent OpenLAB クロマトグラフィーデータシステムをご利用ください。

カラム

mAb 凝集体およびタンパク質の分析には AdvanceBio SEC カラム、mAb の電荷変異体の分析には Agilent Bio MAb カラム、ペプチド、オリゴヌクレオチド、およびタンパク質のイオン交換分析には Agilent Bio IEX カラムをご利用ください。これらのカラムに採用されているアジレント独自の粒子ケミストリが優れた分離能を実現し、信頼性の高い分析結果をもたらします。

検出

Agilent 6200 シリーズ TOF 質量分析計は、卓越した感度、優れた質量精度、高速のデータ取り込み、効率的な定性および定量分析を実現します。

Agilent 6500 シリーズ 四重極 TOF 質量分析計は、複雑なサンプルの同定、定量、およびプロファイリングに最適です。

解析

Agilent MassHunter ソフトウェアの高度なデータマイニングおよび処理ツールがあれば、サンプルからあらゆる情報を迅速かつ正確に引き出すことができます。さらに、BioConfirm モジュールを使えば、多大なコストを伴う試験の開始前に変異体を同定・確認することができます。

サービス

アジレントのサービスプランでは、迅速なオンサイトサポート、マルチベンダー機器サービス、機器のリモート診断など幅広いサービスを通してラボの運営を総合的にサポートします。機器の修理、メンテナンス、コンプライアンス、トレーニング、ラボの移設など、お客様が抱える課題にアジレントの専門エンジニアがすばやく対応します。1 台の機器からラボ全体まで、効率の向上にお役立てください。

必要なワークフローすべて

凝集体または電荷変異体の分析に関する詳細な情報をお探しですか。アジレントは、正確かつ再現性の高い分析結果の実現に役立つアプリケーションノート、入門書、ガイド、ビデオ、およびオンデマンドウェビナーを幅広くご用意しています。

詳しくはこちら

製品紹介ビデオ(英語)

Agilent AdvanceBio SEC カラム — 不確実性を排除
03:16
Agilent Buffer Advisor ソフトウェア — バイオ分析ワークフローを簡略化
03:49

アジレントのバイオ医薬品ソリューション

本製品は一般的な実験用途での使用を想定しており、医療・診断用ではありません。

The new Agilent 1260 Infinity II Bio-Inert LC System
AdvanceBio SEC columns for mAb characterization
The new Agilent 1260 Infinity II LC