【NEW】
AdvanceBio 脱塩 
RP カートリッジ

LC と LC/MS カラム

【NEW】
AdvanceBio 脱塩
RP カートリッジ

MS 検出前にオンラインで塩イオンを除去する脱塩カートリッジ

モノクローナル抗体などのタンパク質の分析には、アフィニティ、イオン交換 (IEX)、およびサイズ排除クロマトグラフィー (SEC) などの手法が広く使用されています。しかし、これらの分析法では、不揮発性塩を含む水性移動相を使用しています。この不揮発性塩は、MS 検出を用いる場合に問題を引き起こします。不揮発性塩によってシグナル抑制が生じたり、塩の堆積により MS 検出器が汚染されたりすることで、メンテナンスの負担や機器のダウンタイムの増加につながる可能性があるためです。AdvanceBio 脱塩 RP カートリッジなら、MS 検出前に高速かつ効率的にオンラインで塩イオンを除去することができます。このカートリッジ型カラムは、採取フラクションを脱塩するために、任意の LC システム と組み合わせて使用することができます。また、Agilent 1290 Infinity II 2D-LC システムでも使用でき、1 次元側での分離の後に、2 次元側で脱塩を実行します。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • IEX、SEC、アフィニティクロマトグラフィーでの分離後の MS 検出を容易に
  • オンラインでのサンプル脱塩による時間の節約
  • 溶出前にサンプルを濃縮
  • MS のダウンタイムの短縮とメンテナンスの低減
  • データ品質および結果の信頼性の向上
  • バイオ医薬品に対応可能な大きいポアサイズ 1000 Å
  • pH 2 ~ 13 での 安定性
  • 一般的に用いられる逆相移動相が使用可能
  • 仕様および価格表

ページTOP