【NEW】
OpenLAB CDS 2.x

OpenLAB ソフトウェア

【NEW】
OpenLAB CDS 2.x

新世代のクロマトグラフィーデータシステム、OpenLAB CDS 2.x は、クロマトグラフとシングル四重極質量分析計のコントロールとデータ解析を行います。OpenLAB CDS 2.x は、他社のクロマトグラフもコントロールできるため、複数のソフトウェアに対して操作法などを覚える必要はなくなります。新たに追加された機能により、データ解析やレポート作成にかかる時間が短縮し、重要な情報や問題の解決策を速く見つけることができます。データの完全性も最高レベルで確保できるため、各種規制への対応も万全に行えます。

OpenLAB CDS 2.x  ― 動きを見てみよう! (ビデオ集)

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • 1つのソフトウェアでアジレント製の GC、LC、シングル四重極 GC/MS、シングル四重極 LC/MSと、他社のクロマトグラフをコントロールできるため、操作法を覚えるべきソフトウェアの数が減り、同じユーザーインターフェースで各種データを解析することができます。
  • 新しいユーザーインターフェースでは、操作に必要な情報とツールだけが表示されるので、画面が複雑になることはありません。
  • カスタム計算機能が標準インストールされているので、データを表計算ソフトウェアなどに移して計算する必要がなくなり、データ転送のミスやダブルチェックの必要性がなくなります。
  • インテリジェントレポート機能により、複雑なレポートでも簡単に速く作成できます。
  • Data Analysis 機能により、データの解析スピードが速くなります。
  • ピークエクスプローラ機能により、結果データを図表化することで、結果の傾向が一目でわかります。
  • 装置やシステムの管理を一元化できるため、ラボの生産性が高くなり、装置の稼働時間が長くなります。
  • アーキテクチャの拡張性が高いので、ラボの状況に応じてネットワークシステムを構築できます。
  • 標準搭載された技術コントロールにより、データのセキュリティ、アクセスコントロール、コンプライアンスへの対応を確実なものとします。
  • 監査証跡では、監査証跡レビューの確認と文書化が電子化されているので、監査証跡と記録の確認を同時に行えます。
  • オンデマンドのラーニングツールにより、操作法を素早く覚えられます。
  • 従来の ChemStation や EZChrom Elite で作成したメソッド、データ、レポートもスムーズに使用できるので、蓄積してきたデータや時間を無駄にすることがありません。

ページTOP