Bravo NGS 自動化システム オプションB

     

Walk-Away 可能な NGS ライブラリ調製の自動化で、迅速で正確なシーケンスを実現

アジレント Bravo NGS オプションB は、データの品質に影響を与えることなくスループットを増大させ、時間がかかる繰り返し操作から研究者を解放します。
高精度な液体ハンドラーである Bravo 自動分注機をプレートやチップのハンドラーと組み合わせることにより、Walk-Away できる NGS ライブラリ調製の自動化を実現し、研究者は、より重要な課題に専念することができます。
わかりやすいインタフェースで操作できる種々の自動化プロトコルが用意されており、エキスパートによる自動化のプログラミングは不要です。 


Walk Away の自動化 - プレートやチップのハンドリングを自動化することで、研究者がより研究に専念できる環境を実現。
標準付属自動化プログラム – Agilent SureSelect(DNA/RNA)および HaloPlex の自動化プログラムを標準装備
使いやすいユーザーインタフェース – 自動化プログラムをランするためのエキスパートによるプログラミングは不要
一貫したデータの品質 - データの品質を保ったまま最大96検体までライブラリ調製を自動化。常に一貫性のある結果が得られます。

カタログはこちら
リーフレット(AMPureXP 精製を自在に自動化)はこちら