ClearSeq がん研究用パネル

   

アジレントのがん研究用リサーチパネルは、固形がんや血液がんで体細胞変異を網羅的に検出できるように、特定の遺伝子セットにフォーカスしたデザインになっています。がん研究の第一人者とのコラボレーションで開発されているので、これらのがん研究用リサーチパネルにより、FFPE サンプル、血液サンプル、骨髄サンプルなどから遺伝子の変異、挿入・欠失、融合遺伝子などを、確信をもって同定できます。





エキスパートにより最適化されたコンテンツ

  • 主要ながん研究機関の研究者が、がんで高頻度に変異が入ることを見出しているターゲット領域が対象

研究をスピードアップ

  • 実績がありパフォーマンスの高いキャプチャ用のオリゴを、効率のよい SureSelect, HaloPlex ワークフローと組み合わせることで、結果が出るまでの時間を短縮し、限られた量のサンプルにも適用することができます。

サンプル調製から解析までのソリューションを提供

  • アジレントの提供する解析ソフト、SureCall を使えば、生データから変異レポートの作成までをシンプルな 3 ステップで行うことができます。サンプル調製試薬、QC や自動化のツールはすべてアジレントから提供しています。

ClearSeq SS Comprehensive Cancer キャプチャライブラリ

ワシントン大学セントルイス校のがん研究者との共同開発製品です。幅広いがん種(乳がん、肺がん、大腸がん、AML等)に関連する 151 の重要ながん関連遺伝子を網羅しています。高いキャプチャの均質性により、深いカバレッジのシーケンスで信頼性の高い変異検出を実現しています。本パネルは SureSelect ターゲットエンリッチメント製品となります。

ClearSeq Halo AML リサーチパネル

急性骨髄性白血病(AML)で高頻度に変異が見つかる 20 遺伝子をターゲットにしたデザイン
体細胞変異をより信頼性高く同定するために、このデザインではターゲット領域が複数のアンプリコンでカバーされています。
このパネルは HaloPlex ターゲットエンリッチメントシステムで使用します。

ClearSeq Halo Cancer リサーチパネル

幅広いがん種に関連することが知られている、47 遺伝子の COSMIC ホットスポットおよび薬剤のターゲットとなる変異を対象にしたデザインで、体細胞変異を検出します。

ClearSeq SS RNA Kinome キャプチャライブラリ

このパネルは、キナーゼおよびキナーゼ関連遺伝子のトランスクリプトを網羅的に解析するためのデザインで、500 以上のキナーゼ遺伝子を含む、612 遺伝子をターゲットとしています。

 

製品情報

がん研究用リサーチパネル 製品名 対応シーケンサ 型番
16反応 96反応
ClearSeq SS Comprehensive Cancerキャプチャライブラリ イルミナHiSeq, MiSeq 5190-8011 5190-8012
ClearSeq SS RNA Kinome キャプチャライブラリ イルミナ 5190-4801 5190-4802
ClearSeq Halo HS Cancer リサーチパネル イルミナ (NSQ除く) G9933A G9933B
ClearSeq Halo Cancer リサーチパネル イルミナ G9903A G9903B
ClearSeq Halo AML リサーチパネル イルミナ G9913A G9913B