Sureprint G3 Rice CGH マイクロアレイ 4 X 180K

DNA マイクロアレイ

Sureprint G3 Rice CGH マイクロアレイ 4 X 180K

4 X 180K フォーマットで提供

マイクロアレイベースの比較ゲノムハイブリダイゼーション (aCGH) は、ゲノムにおける DNA コピー数の変化を特定および分析する際に用いられるパワフルなテクニックです。Sureprint G3 Rice CGH マイクロアレイ 4 X 180K は、増幅や複雑性の低減を行わずにゲノムワイドかつ超高解像度に DNA 変化のプロファイリングを実施することを可能にし、きわめて明快な比較ゲノムハイブリダイゼーションを実現します。最高の感度と特異性を得られるように、プローブデザインや選択が入念に最適化されています。

感度と特異性の高いオリゴヌクレオチドプローブは、コーディング領域にも非コーディング領域にも配置されています。簡易化されたプロトコルにより、研究に求められる堅牢な品質と信頼性を維持しながら、複雑な解析のプロセスをさらに効率化します。

本製品は、研究以外の目的に使用できません。

★ Gene List を確認の上ご注文ください。★

 

製品名 Sureprint G3 Rice CGH マイクロアレイ 4 X 180K
アジレント部品番号 G4826A
デザイン ID 025843
フォーマット 180K : 4 x 180K
1 スライドあたりのアレイ数 180K : 4
1 キットあたりのスライド数 1
配列 171,861 のコーディングおよび非コーディング Oryza sativa 配列
プローブ 全体の median プローブ間隔 1.7 KB
構成 IRGSP Build5 (2008年 6月) によりアノテーションしたプローブ
用途 研究目的のみ
関連文献

アジレントのアレイを用いた比較ゲノムハイブリダイゼーション分析のための堅牢な全ゲノム増幅メソッド

血液、細胞、組織の aCGH 酵素ラベル化法プロトコル

血液、細胞、組織、FFPE の aCGH ULS ラベル化法プロトコル

お見積りはこちらお問合せはこちら